エンターテイメント ソフトウェア ラボラトリー

本ソフトウェアは、「勝てる」と言われていた頃のスロット、ノーマル機を再現したものです。

操作は簡単。上下左右の矢印キーを押すだけ。片手でOK。

「本当に3D?」という問いに答えるため、マウスの右ボタンで画面を少し回転可能にしています。




操作説明
レバー 矢印上、またはSHIFTキー。
1,2,3ボタン 左、下、右の矢印キー
マウス右ボタン ドラッグ&ドロップすることで、画面を回転させることができます。


----- 動作環境 推奨環境
PC
IBM PC/AT互換機
DOS/V機
IBM PC/AT互換機
DOS/V機
CPU
Pentium3 600MHz以降
または互換性のあるCPU
動作自体、600MHz未満でも可。
Pentium4以降
Celeron 1.0GHz以降
メモリ Windows98: 32MB
WindowsME: 動作可能なはずです
WindowsXP: 256MB
Windows98: 64MB
WindowsME: 動作可能なはずです
WindowsXP: 256MB
グラフィックス DirectX8.1以降が動作する環境。 DirectX8.1対応環境
OS Windows98
WindowsXP
Windows98
WindowsXP
Sound ほとんどの機種。
※WindowsME、Windows2000、Windows Server2003, WindowsVistaでは動作確認をおこなっていませんが、理論的にはWindows98以降で動作するはずです。
※セキュリティソフトをご利用の場合、これ以上の能力が必要な場合があります。
※グラフィックスカードの組み合わせによっては、これ以下の環境でも快適に動作致します。


ボーナス確率
設定 BIG REG 合成確率
1/322 1/909 1/238
1/294 1/833 1/217
1/263 1/769 1/196
1/238 1/714 1/178
1/222 1/666 1/166
1/200 1/588 1/149


ちょっとしたおはなし。

ボーナス確率にある数値ですが、294/1=294回に一度ボーナスを引くことではありません。 これだと、1ゲーム目にボーナスを引くと最低でも次のボーナスまでに294ゲーム必要になることになります。

「ノーマル機なので、いつやめてもいい」といった利点を持ちます。
逆に、「いつ始めてもいい」という意味でもあります。

オート機能が備わっていますが、機械による処理のため、タイミングがワンパターンになると思います。
あくまでも予想ですが、人の手によりある程度の間隔をあけて打つ場合とオートでは、得られる結果が違うと思います。